デビューしたトヨタのステーションワゴン

カルディナ

カルディナは1989年にデビューしたトヨタのステーションワゴンです。
当時はスバルのレガシィが大ヒットしていたため、カルディナはレガシィキラーとして登場しました。

2003年に行われたマイナーチェンジも、新型レガシィのデビューに刺激を受けてのことです。
カルディナはその外観の良さが評判で、たくさんのドライバーから愛されています。

シャープでスポーツ感あふれるデザインは若者向けですが、それに加えて積載能力が高いのでファミリー層にも人気です。
加速、コーナリングなど、走るという車本来の機能を犠牲にせずに使い勝手の良さが考えられており、ステーションワゴンの魅力がとことん盛り込まれています。

室内とラゲージスペースは広々としているため使いやすく、日常使いにも最適な車です。
落ち着いた内装も定評があり、シートにスエード調の生地を使用しているグレードもあるため、外から見ても乗車しても様々な感覚を楽しませてくれます。

ABSやエアーバッグなどの安全装備も充実しており、しっかりした足回りで安定した走行が可能なので、安心して運転を楽しむことができます。
また、燃費が良く価格も比較的お手頃なので、誰にでも乗りやすい点も人気が高い理由のひとつです。