トヨタ86は飽きなくて楽しい車

86
一昨年から私はトヨタ86を購入してから今に至ってこの車は本当に飽きない車だと実感しています。
今日も会社を休んで東郷町の役場と豊川市の役場にいききしていたのですが、運転していても自分の意のままに操作が出来て本当に楽しい車です。

エキストラマニホールを純正からネッツ千葉独自の販売をしている物に取り替えてから低速から中速での発進時に少し止まった感じで純正は発進するのですが、このエキストラマニホールに変えてからは低速、中速での発進はスムーズに出るようななったのが実感してまたこれも純正でないことで気持ちよく車を出す事ができて本当に満足です。
エンドのマフラーも車購入時からTRD専用のマフラーに変えており、マフラーを変えたことで純正でのトルクから少しアップしたような感じで連れに車を運転させたらそういっていた。

それに+今回のエキストラマニホールを変えることで更にトルクがアップされているみたいです。
ネッツ千葉の動画サイトではトルクが約10馬力ほどアップするようなことを載っていましたが、まだそこまでの回転数を上げたことがないので実感はしていませんが、エンジン音とトルクがアップしたことは間違えないと私自身は思っています。

これかからもっと大事に乗っていきたい車です。
トヨタさんもっといい車を出してください、そしてもっといい車にしてください。

余裕があれば乗ってみたいクルマ

sany
最近は車離れが激しいというニュース記事をよく目にします。

確かに維持費などの関係で所有するのが難しい面があることは確かです。

ですが、私の住んでいるところは、車が無いと買い物もままならない程なので、所有しないわけにはいきません。
仕事の関係上でもどうしても必要になってきます。

車を所有できる程には稼がないといけないのです。
維持費がかかるとはいいましても、車が嫌いなわけではありません。

余裕があるのであれば、乗ってみたいなあと思う車もあります。
最新の車ももちろん興味ひかれますが、それと同じくらいに旧式の車にも興味があります。

いまの86を高く査定してもらえれば、差額で購入も可能かもしれません。
便利な世の中ですね。

さてさて、今手元にあるカタログは、日産のサニーという車です。
カタログには、驚異の低燃費が魅力とあります。

17.5KM/とあります。

今の時代から見るとあまり驚異には感じられません。
むしろ悪い方ではないかと思ってしまいます。

ですが、デザインなどを見ると車体の前の方についているバックミラーや角張ったデザインがとてもお洒落に見えます。

車の契約に関すること

すぐに裁判をすると怒るってしまう人もいますが、結局は示談の方が良い結果になることが多いのです。
よくあるお客さんとセールスマンのやりとりを勉強してみてどれをやってもうまくいかないこともありますが、それでも国民センターや自動車公正取引協議会というところもありますし、他の自動車販売店やまたは友人に相談してみるのも良いでしょう。

とにかく自分で行動していろいろなところと交渉してみる価値はあるのです。

車の契約を白紙に戻し返品したいというお客さんに対してはセールスマンの対応として車両本体分のお金をお返ししますので諸費用分は返さないということが決まりごとです。

これについては諸費用を含めてローンを組んでいるときには一括返済の際に諸費用分の追徴金が発生するので気をつけましょう。
ローンで返すことができなければ、できるだけ高く売却しましょう。
参考 車売却するなら高く車を売る方法

また他の商品と交換して欲しいという要望もあります。これについては車両と同じくらいの金額のものと交換しますので新たにかかる諸費用に関しては負担をしてもらいます。