燃費が良くなるクルマの運転方法

ガソリンの高騰がニュースになったのは2008年頃でしょうか、最近ではレギュラーが安くてもリッター150円程度、都内の一等地では170円を超えるところも珍しくありません。
燃費の良い悪いの違いを馬鹿に出来ない時代になりました。

今では新車の3台に1台はハイブリットカーだと言われているので、もはやハイブリットカーは特別な存在ではなくなりました。
しかし既存のドライバーにはあまり関係のない話なので、今の車のまま燃費が良くなる工夫がないか調べてみるといろいろテクニックがあるようです。

停車時のアイドリングなどは別として、燃費を良くするためには発進時の加速に工夫の余地があります。
具体的には急加速を避けることです。

ゆっくり発進する事を心がけると良いでしょう。
また時速が20キロから30キロ程度でギアが上がるので、そのときは一度アクセルを離し、ワンテンポおいてから再度加速すると高いギアで進むので燃費がよくなります。

難しいように聞こえるかもしれません。
確かにこれまで何も考えずに加速していた場合は困難に思えるかもしれませんが、運転している時は退屈な事が多いものです。

そこでこの様に普段意識しない事を意識することによって、気分転換になり運転が楽しくなり一石二鳥なりえるものなので退屈しのぎに良いかもしれません。