BMWに初乗車したときの意見

 この間、側が所有しているBMWを運転する機会がありました。ついに外国のハイソサエティー車種といわれる車種を運転したので、不幸を起こさないようにといった圧力の連続で運転をしました。
 とにかく、運転をする前に驚いたことは、ドアが津々浦々車種に関してウェート印象があることです。最も、不幸などが起きたときに外部からの驚きから自分を続けるためにドアの部分も思い切り設計されているのだなと感じました。
 次に驚いたことは、車内のインテリアだ。こちらが乗ったのは3関連のE90という範疇の車に乗車したのですが、車内が至極立派に作られてあり、素敵な余白ですなと思いました。
 このように、驚異ばかりで車内に入ったこちらは、何とかエンジンをかけて運転をすることになりました。運転を通して一気に感じたことはテンポが今まで乗っていたどの車種からいいということです。ほんのりアクセルを踏んですだけなのに40間隔ぐらい出てしまいます。正にびっくりです。また、握りも津々浦々車種と比べると重く感じますが、操作しやすいように設計されているおかげでまるで運転のときに重さを感じませんでした。
 はなはだ尊敬三昧のBMW乗車でした。