初めてのプレッシャーのドライブ

認可をとって、ついに運転へ行きました。個々二人を乗せて、時給要る先へ行ったのです。そこは遊園フィールドだ。絶えず自分でドライブを通して行きたいとしていたのです。ぼくはドキドキしながらドライブをしたのです。
個々もドキドキしながら乗っていたのです。「ひときわ右手にて」「速度取り出し過ぎだよ」何度もそんなに言われながらドライブをしました。そのうちに仰ることにイライラしてしまって、揉め事になったのです。
私も個々も起こりながら自家用車に乗っていました。とやかくで、時給半後にいよいよ遊園フィールドへついたのです。三第三者揃って汗びっしょりでした。思いの外興奮していたのです。
それでもここまできちんと辿りつけた事が、誠にうれしかったです。自家用車をぶつけるラクラク、悪業する事もなくここまでこれたのです。けれどもその五時間後には、また揉め事をしながらマンションまで帰るのでした。それでも最初はこんなものだ。仕方がないと思いながらマンションに無事帰れた事を喜ばしく思いました。