更に大きな愛車にのぼりたいだ

こちらは四人類上りのちっちゃな愛車に乗っていらっしゃる。もできたら、再度大きな愛車にのぼりたいだ。三列席で七人類上りの愛車だと、近所七人類で、移動へ通えるのです。それが今の愛車ではできないので、たえず二卓の愛車で行動していらっしゃる。
幼い愛車も室温が一心に効くので好きなのです。けれどもほんのりもの足りません。こちらが運転をしているのは、四人類上りですが次には本当に七人類上りの愛車を買おうと思っています。費用も加わるでしょうが、そのために頑張って蓄積をしようと思っています。
白くて大きな愛車が好きです。みんなでワイワイこなせる愛車がいいのです。
運転には決して自負がありません。それでもこちらはひときわ毎日のように、運転をしたいのです。天然車に乗るのが好きで、どこに出向くのも愛車で行っていらっしゃる。海へ行くにも山野へ行くにも、エアポートへ行くのもいつも愛車なのです。私の徒歩自体なのです。ですから再び高いほうが、如何にも便利なのでしょう。
こちらみたいな小さい女性が大きな愛車を運転していたら、断じて誰もが驚くでしょう。