マミーの軽自動車が大好きだ

私の女房は軽自動車に乗っています。それは自転車も載せれるのです。家財道具も色々載せれるし車内は、一層大きいのです。雨のお天道様やスノーのお天道様には、女房が社までこういう軽自動車で送って貰える。女房が来るといった全然うれしいのです。
こういう大好きな軽自動車では、女房ってたくさんの内容をします。マイカーの事も、彼氏の事も何でも喋れるのです。救出発想があって手狭ではありません。軽自動車なのにこういう広さがぼくはカワイイのです。
女房は以前一段とちっちゃな軽自動車に乗っていました。それでもはたして小さくて手狭だったのです。ですからぼくはこういう真新しい軽自動車がマイホームにやって来た時代、正に喜びました。女房にも心から似合っていたからだ。私もいまだにライセンスはありませんが、将来はライセンスをとろうとしています。その時には本当に、女房の乗っている軽自動車と同じマイカーにのぼりたいとしています。できれば色つや不同で購入できたらいいな、と思っているのです。
もし女房さえ許してくれるのであれば、女房のマイカーを譲って下さい。それほどまでに女房の軽自動車が大好きなのです。