絶えず大事にしてきた車だったのです

わたくしは七通年、常におんなじモデルに乗り続けていました。それはお金がなくて、新しいモデルをもらえなかったわけでもありません。そのモデルが大好きだったからだ。上り易くてステップも出ます。家財道具も置けるし、窓もおっきいのです。広くて停止イメージがあるモデルなのです。
わたくしは七通年我慢してきたわけではありません。日々乗って充実した日々を送っていたのです。会社にも乗って行きました。デートにものぼりました。そうして世帯の送迎もしてきたのです。どんな時にも、随分役立って得るモデルだったのです。自転車も載せれるので、遠くまでのサイクリングには好都合だったのです。
愛犬も載せれるし、いうう場所ありません。心からわたくしは七通年、こういうモデルに乗れて幸運だったのです。けれども引渡す事例がやってきました。エンジンが弱ってきたのです。治す事も考えたのですが、正すよりも買い替えたほうがいいと決心したのです。今回が買い替えの年代だったのです。
ですから思い切って手放しました。よろしい体験を色々もらったモデルでした。