トヨタ86は飽きなくて楽しい車

86
一昨年から私はトヨタ86を購入してから今に至ってこの車は本当に飽きない車だと実感しています。
今日も会社を休んで東郷町の役場と豊川市の役場にいききしていたのですが、運転していても自分の意のままに操作が出来て本当に楽しい車です。

エキストラマニホールを純正からネッツ千葉独自の販売をしている物に取り替えてから低速から中速での発進時に少し止まった感じで純正は発進するのですが、このエキストラマニホールに変えてからは低速、中速での発進はスムーズに出るようななったのが実感してまたこれも純正でないことで気持ちよく車を出す事ができて本当に満足です。
エンドのマフラーも車購入時からTRD専用のマフラーに変えており、マフラーを変えたことで純正でのトルクから少しアップしたような感じで連れに車を運転させたらそういっていた。

それに+今回のエキストラマニホールを変えることで更にトルクがアップされているみたいです。
ネッツ千葉の動画サイトではトルクが約10馬力ほどアップするようなことを載っていましたが、まだそこまでの回転数を上げたことがないので実感はしていませんが、エンジン音とトルクがアップしたことは間違えないと私自身は思っています。

これかからもっと大事に乗っていきたい車です。
トヨタさんもっといい車を出してください、そしてもっといい車にしてください。

余裕があれば乗ってみたいクルマ

sany
最近は車離れが激しいというニュース記事をよく目にします。

確かに維持費などの関係で所有するのが難しい面があることは確かです。

ですが、私の住んでいるところは、車が無いと買い物もままならない程なので、所有しないわけにはいきません。
仕事の関係上でもどうしても必要になってきます。

車を所有できる程には稼がないといけないのです。
維持費がかかるとはいいましても、車が嫌いなわけではありません。

余裕があるのであれば、乗ってみたいなあと思う車もあります。
最新の車ももちろん興味ひかれますが、それと同じくらいに旧式の車にも興味があります。

いまの86を高く査定してもらえれば、差額で購入も可能かもしれません。
便利な世の中ですね。
業者の一括査定で車を高く売る方法、このような方法を取ることができるんですね。

さてさて、今手元にあるカタログは、日産のサニーという車です。
カタログには、驚異の低燃費が魅力とあります。

17.5KM/とあります。

今の時代から見るとあまり驚異には感じられません。
むしろ悪い方ではないかと思ってしまいます。

ですが、デザインなどを見ると車体の前の方についているバックミラーや角張ったデザインがとてもお洒落に見えます。

友達の車に乗った時のこと

友達の車に乗った時のこと
先日、友達の車に乗せてもらい家まで送ってもらったことがあります。
娘の幼稚園で母子ともに仲良くしているので、その時も楽しいドライブが出来てよかったです。
福岡の運転マナーはあまりよくなく、私も他県から来た時には怖くてなかなか大変でした。
東京から来るとみんな驚いています。
他県ナンバーの車にはとくに厳しいので、ペーパードライバーの私はとても苦労したものです。
友達のママも他県ナンバーなので、怖い思いをしたことがあるそうです。
しかし、友達ママの運転はとても滑らかで安心して乗っていることが出来ました。
運転はその人の人柄が出るとよく聞きます。
主人の運転はすごく荒いのでドキドキすることが多くあります。
私が運転すると、隣から口やかましく言ってくるのでとても大変です。
我が家では引っ越しをしたときに車を処分してしまいました。
福岡は電車とバスが充実しているのでアクセスは問題ありません。
しかし、車は家族団らんで楽しめるのが大きな魅力です。
友達に乗せてもらって、改めて車はいいなと思いました。

友人がオデッセイを買ったのでドライブへ

友人がオデッセイを買ったのでドライブへ
金曜日の夜、最近オデッセイを買った友人が「フルーツ公園にドライブに行こうぜ!」と誘ってきました。
私は二つ返事でOKして、夜中のドライブに行くことになりました。
暗くなった山道を好きな音楽をかけながら、歌を口ずさみフルーツ公園を目指します。
運転には自信のある友人ですが、最初のころは荒っぽい運転で、少し怖くなりました。
しかし、友人の運転は本当に上手いくて、慣れると安心感して助手席に座っていられます。
フルーツ公園に向かう途中で、金曜日の夜ということもあって「走り屋」に良く遭遇しました。
山道を猛スピードで飛ばす彼らは、運転技術を競っているのでしょう。
しかし、道路には所々で花やタイヤ跡などの崖下に落下したであろう車の痕跡があって、やはりどんなに運転技術に自信があっても山道を飛ばすのは危険だと再認識しました。
夜の夜景にはそれほど興味のなかった私ですが、フルーツ公園から眺めた街の景色はキラキラと輝き、綺麗だと素直に思えました。
「今度は彼女を連れてきたいな」「その前に彼女を作らなきゃな」そんな会話を交わしながら、その日のドライブは終わりました。

デビューしたトヨタのステーションワゴン

カルディナ

カルディナは1989年にデビューしたトヨタのステーションワゴンです。
当時はスバルのレガシィが大ヒットしていたため、カルディナはレガシィキラーとして登場しました。

2003年に行われたマイナーチェンジも、新型レガシィのデビューに刺激を受けてのことです。
カルディナはその外観の良さが評判で、たくさんのドライバーから愛されています。

シャープでスポーツ感あふれるデザインは若者向けですが、それに加えて積載能力が高いのでファミリー層にも人気です。
加速、コーナリングなど、走るという車本来の機能を犠牲にせずに使い勝手の良さが考えられており、ステーションワゴンの魅力がとことん盛り込まれています。

室内とラゲージスペースは広々としているため使いやすく、日常使いにも最適な車です。
落ち着いた内装も定評があり、シートにスエード調の生地を使用しているグレードもあるため、外から見ても乗車しても様々な感覚を楽しませてくれます。

ABSやエアーバッグなどの安全装備も充実しており、しっかりした足回りで安定した走行が可能なので、安心して運転を楽しむことができます。
また、燃費が良く価格も比較的お手頃なので、誰にでも乗りやすい点も人気が高い理由のひとつです。

燃費が良くなるクルマの運転方法

ガソリンの高騰がニュースになったのは2008年頃でしょうか、最近ではレギュラーが安くてもリッター150円程度、都内の一等地では170円を超えるところも珍しくありません。
燃費の良い悪いの違いを馬鹿に出来ない時代になりました。

今では新車の3台に1台はハイブリットカーだと言われているので、もはやハイブリットカーは特別な存在ではなくなりました。
しかし既存のドライバーにはあまり関係のない話なので、今の車のまま燃費が良くなる工夫がないか調べてみるといろいろテクニックがあるようです。

停車時のアイドリングなどは別として、燃費を良くするためには発進時の加速に工夫の余地があります。
具体的には急加速を避けることです。

ゆっくり発進する事を心がけると良いでしょう。
また時速が20キロから30キロ程度でギアが上がるので、そのときは一度アクセルを離し、ワンテンポおいてから再度加速すると高いギアで進むので燃費がよくなります。

難しいように聞こえるかもしれません。
確かにこれまで何も考えずに加速していた場合は困難に思えるかもしれませんが、運転している時は退屈な事が多いものです。

そこでこの様に普段意識しない事を意識することによって、気分転換になり運転が楽しくなり一石二鳥なりえるものなので退屈しのぎに良いかもしれません。