トヨタ86は飽きなくて楽しい車

86
一昨年から私はトヨタ86を購入してから今に至ってこの車は本当に飽きない車だと実感しています。
今日も会社を休んで東郷町の役場と豊川市の役場にいききしていたのですが、運転していても自分の意のままに操作が出来て本当に楽しい車です。

エキストラマニホールを純正からネッツ千葉独自の販売をしている物に取り替えてから低速から中速での発進時に少し止まった感じで純正は発進するのですが、このエキストラマニホールに変えてからは低速、中速での発進はスムーズに出るようななったのが実感してまたこれも純正でないことで気持ちよく車を出す事ができて本当に満足です。
エンドのマフラーも車購入時からTRD専用のマフラーに変えており、マフラーを変えたことで純正でのトルクから少しアップしたような感じで連れに車を運転させたらそういっていた。

それに+今回のエキストラマニホールを変えることで更にトルクがアップされているみたいです。
ネッツ千葉の動画サイトではトルクが約10馬力ほどアップするようなことを載っていましたが、まだそこまでの回転数を上げたことがないので実感はしていませんが、エンジン音とトルクがアップしたことは間違えないと私自身は思っています。

これかからもっと大事に乗っていきたい車です。
トヨタさんもっといい車を出してください、そしてもっといい車にしてください。

余裕があれば乗ってみたいクルマ

sany
最近は車離れが激しいというニュース記事をよく目にします。

確かに維持費などの関係で所有するのが難しい面があることは確かです。

ですが、私の住んでいるところは、車が無いと買い物もままならない程なので、所有しないわけにはいきません。
仕事の関係上でもどうしても必要になってきます。

車を所有できる程には稼がないといけないのです。
維持費がかかるとはいいましても、車が嫌いなわけではありません。

余裕があるのであれば、乗ってみたいなあと思う車もあります。
最新の車ももちろん興味ひかれますが、それと同じくらいに旧式の車にも興味があります。

いまの86を高く査定してもらえれば、差額で購入も可能かもしれません。
便利な世の中ですね。
業者の一括査定で車を高く売る方法、このような方法を取ることができるんですね。

さてさて、今手元にあるカタログは、日産のサニーという車です。
カタログには、驚異の低燃費が魅力とあります。

17.5KM/とあります。

今の時代から見るとあまり驚異には感じられません。
むしろ悪い方ではないかと思ってしまいます。

ですが、デザインなどを見ると車体の前の方についているバックミラーや角張ったデザインがとてもお洒落に見えます。

夜景が最高だった海ほたるに移動にいう話

マイカーでドライブで海ほたるへ行きました。360都度総合海から絶景を食らうことが出来ました。自ら行ってもいいですし、デートにも宜しいなーって思います。一年中PAは使えますし、タイミング内であれば海ほたるの中にある飯や足湯なのでとってもリラックスすることが出来ました。至高楽しかったのが、パンを買って海を見ながらカウンターで食べたことなんです。夕刻に出発して帰りは夜になったのですが、海ほたるをわたっているときのイルミネーションがだいぶ空論的でした。何とも不思議なロマンティックな感覚で、遠くに見える屋敷が毎日みのと違って異基盤におけるような感覚になりました。始めていうときはあるだけでどうしても楽しくて、どこからも夜景が楽しめて最高でした。けれども転居タイミングが長いのでタイミングが遅くなるのはデートで行くときは確認したほうが良いなって思いました。でも工業地帯や暗闇な海でぽつりって脂ぎるほたるになった心持ちでいってよかった想い出の場所だ。

小型の自動車が人気です

現時点、小型の車が実に人気です。ちっちゃな車ならば利用していても基本的にちっちゃな行き来もスムーズに動くことができます。それによりどこへ行くも困らないようになります。単に小回りが効くは車をどっかへ流すときもそうして車をどこかに停めるときもすべてにおいてスムーズにいくようになるので、日常の足として最も役に立つ乗り物となって貰える。
これまで複数のユーザーが車として移動していますが、大きめ自動車の場合にはたしかに沢山の人が乗れますが、少数で移動するとなると大きめ自動車は人泣かせになります。しかも問題になってくるのはこういう大きめ自動車は積み荷を多々積み込むことを前提としていますから、その制約のために積み荷を積まない場合には燃費も何にしても損をすることになります。
大型であることでエネルギーがあるのは事実ですが、但しそのエネルギーは役立てられなければ意味がないので、小型車で十分だという自身が高まる原因となっています。

自家用車はレンタルで十分です

基本的に愛車を日常的に利用するのでなければ、レンタルをするだけで十分活用することができます。愛車を日常の歩きとして活用する場合には絶対に愛車が要求となりますが、但したとえば民族で遠出すると言うときにのみ利用するのであれば、愛車において困ることはありません。たとえば愛車を購入するときに、莫大なお金が鳴るのは当然のことだ。とりわけ古めかしい愛車も税金が高いですから、こうしたことを考えるとレンタルで数千円から頭数万円を支払って利用するだけのほうが経済的なのです。
都会に住んでいて断じて愛車に乗らない生活をしていると、愛車の作業本人のゲンコツが鈍って来る。但し、それは逆に言えば愛車を運転するのに慎重になることができるので、再びトラブルをしない作業をすることができるのです。
空間作業がぎこちないといった人にこそレンタルは利用価値があります。特にレンタルは保険が断固していますから、仮に何かしらのトラブルに見舞われたとしても全然心配はいりません。

車があるとだいぶ手軽

都会に住んでいると、マイカーはいらないものとしてしまうが、基本的には皆さんにとりまして最も問題になって来るのが、小さな遠出のときだ。何より公足によるのはかなり便利なように思えて、お家まで鞄を大量に運ぶとなると、自動車によるのが最高峰好都合となります。
都会に対してマイカーを保有しているヤツは、近頃複数の足を利用していますが、それによって歩行区間が大層伸びています。もちろん歩行することは健康のために必要な結果はあります。但しドライブはにやたらと暇をとられてしまうと、それ以外のために利用できる暇がなくなってしまいますから、マイカーを持っていることは有利な現実となります。
都会によって弱るのがモータープールですが、都会といってもまだまだ近郊に出れば一気にマイカーを諦めるところはどんどん現れるので、利用していて不服を感じることはありません。皆さんにとっての最適なアタッチメントですマイカーは持っていて負債にはなりません。

夫の車はトヨタのプリウスです

私の夫は、車の買い替えの時、トヨタのプリウスが欲しいと言い出し、私はちょっとびっくりしました。
車は動けばなんでもいいと言う夫だったので。

プリウスは、普通の車より少し高めで、電気とガソリンを使って走るエコカーです。
ブレーキを踏むと、電気が発電されるようになっており、ガソリン代が安くつくと言う理由と、車の形がとても好きだそうです。

私は、少し高いけれどガソリン代が安くなるのであったら元が取れるかなぁと思い、賛成しました。
プリウスもいろいろな色があり、どの色もとてもいい色で迷いに迷って、シルバーにしました。

今は街中で、プリウスの車をよく見かけますが、買った当時はそんなに見かけなかったので、プリウスがとても人気が出たんだなーって思います。
やはりブレーキを踏んだら電気を発電できるというのは素晴らしいと思います。

こういったことを、研究して実現した人は本当にすごいなーって思います。
夫が言ってたように、いつもガソリンを月に2回は入れなければいけなかったけれど、プリウスに変えてから、月に1回で済むようになりました。

家計がとても楽になりました。
また、エコで環境にも優しいので車を乗っていても、気分がいいです。

買い替え時の友達にも勧めています。

「SMART MIST」を使ってます

「SMART MIST」を使ってます
最近は洗車の仕上げはコレ使ってます。
「SMART MIST」洗車した後、コレをシュッシュッと濡れたままのボディに吹きかけて、付属のマイクロファイバークロスで拭き取るだけ。
楽チンであります(笑)プジョーに乗り始めてから、固形ワックスは使ってません。
あの黒いモールにワックスが付くと面倒なので。
(最近のはカラードモールになってますが)前はゴールドグリッターを使ってましたが、コッチのほうがお手軽♪詰め替え用も売ってるし。
この手のは、モールもガラスもいけちゃうので、ホント楽チンです。
ドア1枚で軽く2吹きくらいで十分。
そうそう、マイクロファイバークロス、侮ってました。
洗車後の拭き取りは、今までプラセームを使ってたんだけど、マイクロファイバークロスのほうが使い易いし、キッチリ拭き取れますね。
100均で追加購入したのは、言うまでもありません(笑)見かけるとついつい買ってしまうので、妻から追加購入禁止令を発令されてしまいましたフロントガラスも吹き後が残らずにキレイになるのがいいです。

CMで話題のタントカスタム

CMで話題のタントカスタム
今気になっている車が、子供のCMでおなじみのダイハツのタントです。
タントはCMでもやっているように、荷物の出し入れや子供を乗せるときに非常に広いスペースが出来るので楽です。
ミラクルオープンは非常に便利で、いつも荷物の出し入れには苦労していたので、かなり魅力的です。
また両サイドのドアがスライド式になっているので非常に助かります。
駐車場などに車を止めるときに、いつも両サイドのドアを気にしながら止めないといけないし、子供が思いっきり開けてしまうこともあるので、隣の車に当たってしまわないか非常に心配でした。
タントは両サイドスライド式になっているので、そのような心配をせずに済みますし、大きい荷物や雨が降っている時には、ミラクルオープンなので、そのまま入っていけるのが非常に魅力的です。
また、燃費も非常によく、イーステクノロジーの低燃費なので、環境にもいいですし、ガソリンの高騰で困っているので、ちょうどいいと思いました。

18歳になったら車の免許欲しいですよね

18歳になったら車の免許欲しいですよね
高校生の頃は車の免許が欲しくて欲しくて仕方ありませんでした。
高校生になって1年ほどは自転車通学、そして16歳になったら原付を買って原付で通学、そして18歳になったら免許をとって、車で通学と言うのが王道パターンです。
これは4月5月くらいの時期に生まれたものの特権ですが、はやく免許を取れば取るだけはやく車に乗れるのですから、通学をすることも可能だったのです。
そこではやく免許が欲しかったので、すぐに教習所に通いましたが、初めてさわる車のハンドルはとても心地よく、感動さえしたのを思い出します。
車のハンドルを握って瞬間、運転するのだなと言う実感に包み込まれました。
そして初の運転は教習所の中をぐるぐるまわるだけなのですが、これもまた大人になった感じがして、少し誇らしげな気持ちになったものです。
最初の運転は数十分で終わてしまうものでしたが、それだけでも満足していた高校時代ですが、今では何時間運転しても満足できないほど、車好きになってしまいました。

2人分の足になったヴォクシー

2人分の足になったヴォクシー
去年まで我が家は3台の車を所有していました。
父の車、母の車、私の車です。
それぞれ自分の車で仕事に出ていました。
それがある日突然、母が脳の病気になり、後遺症で車椅子をつかう身となりました。
もう一生、自分で運転をすることはないでしょう。
2人しか運転できないのに3台の車は必要ない。
1台売ろうということになりました。
当然、母の車を手放すつもりだったのですが、その話をすると母はパニックになりました。
まだ本復していないので、自分が歩けなくなったことも運転できないことも理解できないのです。
そこで私が自分の日産マーチを売りました。
可愛くて運転しやすく、なにより愛着があったのでとても辛かったです。
母の車がタイヤに寿命がきていたので、マーチを売ったお金で賄いました。
それから、母の車を車椅子ごと乗り込めるように改造しました。
トヨタのヴォクシーで、もとから福祉車両向きの車だったのです。
費用は父が出してくれました。
退院の日、私は改造したヴォクシーに乗って母を迎えにいきました。
母は「私の車がこんなに便利になって」と、とても驚き、喜んでいました。
今ではこの車は、母と私、2人分の足となって毎日活躍しています。