村上春樹の世界観を朗読で楽しむ。オーディオブックで春樹ワールドに深く入り込もう

803 views
村上春樹の世界観を朗読で楽しむ

村上春樹はフィクション小説で世界的に愛されている作家の一人です。彼の作品は、あらゆる年齢層の人々を魅了しその独特なスタイルと技術で、不思議で超現実的な旅へと導いてきました。
そして、
今、Amazonが運営するオーディオブックサービスAmazonオーディブルの朗読により彼の物語にさらに深く浸ることができるようになりました。
初期作品から最新作『騎士団長殺し』まで、リスナーはAmazonオーディブルの洗練された朗読で村上春樹の作品を楽しむことができます。
村上春樹小説のオーディオブックはほとんどの作品がAudible独占で配信されています。収録に関してもAudibleならではの豪華な面々で松山ケンイチ、小澤征悦、藤木直人、木村佳乃などがキャスティングされています。

この記事では村上春樹の朗読を聴く方法と作品ラインアップの一部を紹介します。

村上春樹の作品を朗読で聴く方法

村上春樹の朗読はAmazonが運営するオーディオブックサービス「Amazonオーディブル」で聴く事ができます。

Amazonオーディブル

【30日間無料お試し】Amazon Audible聴き放題プラン

お試し期間終了後は1500円
いつでも退会できます。

朗読で聴くことができる村上春樹の作品7選(Amazonオーディブル)

村上春樹作品のオーディオブックのほとんどがAmazonオーディブルでみの独占配信です。「Amazonオーディブル」で聴く事ができる村上春樹の朗読を紹介します。

海辺のカフカ 朗読ナレーター:木村佳乃

海辺のカフカ

現実と幻想が交錯する独特な世界観が魅力的であり、深みのある描写は耳から聴くことでよりストーリーに引き込まれます。
海外でも高い評価を受ける村上春樹独自の世界観を堪能できる長編小説です。木村佳乃がナレータを務めます。

海辺のカフカ(下) Audible Logo Audible版 – 完全版https://amzn.to/3V2IBbi

ねじまき鳥クロニクル 朗読ナレーター:藤木直人

ねじまき鳥クロニクル

主人公が謎めいた鳥に係る奇妙な出来事に巻き込まれます。
自分自身の過去と向き合い、自己を探究していく物語。
様々な人々と出会い、その中での出来事を通して自分自身の人生を見つめ直す。
不思議な出来事には常に深い意味があり、探究することで自己を深く理解できる。
ナレーションは藤木直人の朗読です。

ねじまき鳥クロニクル ―第1部 泥棒かささぎ編― Audible Logo Audible版 – 完全版
»https://amzn.to/41ueoUI

1Q84 朗読ナレーター:杏 、柄本 時生

1Q84

2人の主人公が現実とは異なる2つの現実が入り混じる世界を舞台に物語は進みます。
現実の世界には「1984年」、もう一方の現実の世界には「1Q84年」という年号が存在します。謎めいた事件や出来事が次々と起こるなか、徐々にストーリーが明らかになっていきます。
女優の杏さんと俳優の柄本 時生がダブル主演でナレータを務めます。


1Q84:https://amzn.to/3Kf0OyG

騎士団長殺し 朗読ナレーター:高橋 一生

騎士団長殺し

主人公がある事をきっかけに過去と向き合うことに。
過去の出来事を思い出し、事件の真相に迫っていく過程が描かれています。
「騎士団長殺し」は、村上春樹らしい緻密な描写や、哲学的な思考を含んだ物語展開が特徴的で、読者を引き込む深みのある作品となっています。
朗読は高橋一生です。


騎士団長殺し:https://amzn.to/3lIuJoO

神の子どもたちはみな踊る 朗読ナレーター:仲野 太賀

神の子どもたちはみな踊る

「神の子どもたちはみな踊る」の話は(彼女)が残した謎めいた手紙に導かれる形で話が展開します。手紙には、謎めいた言葉が書かれており、主人公はその手掛かりを頼りに、東京やフランスなど様々な場所を訪れます。
村上春樹らしい不思議な雰囲気で深い哲学的な世界に引き込まれる作品。
神の子どもたちはみな踊る:https://amzn.to/3YG2k1d

螢・納屋を焼く・その他の短編 朗読ナレーター:松山 ケンイチ

螢・納屋を焼く・その他短編

螢・納屋を焼く・その他の短編:https://amzn.to/3lMwlhe

職業としての小説家 朗読ナレーター:小澤 征悦

職業としての小説家

村上春樹が自身の創作活動や文学に対する考え、さらには日本文化や世界の文学について語ったエッセイ集。
村上春樹が長年培ってきた創作のプロセスについて、細かく説明しています。創作における「インスピレーション」や「アイデアの発想方法」、さらには小説家としての「ルーティン」についても作家としての視点から創作活動を深く掘り下げ言及してくれています。
村上春樹ファンにはもちろん、文学に興味がある人にとっても、かなりおすすめの一冊。
朗読を務める小澤征悦さんインタビューもあわせて御覧ください。

職業としての小説家:https://amzn.to/3YXtXmb

最後に

今回の記事は村上春樹作品を朗読で聴く方法を紹介しました。現在、村上春樹作品のほとんどがAmazonオーディブル独占で配信されています。
ナレーターには豪華な声優、俳優陣がキャスティングされている事から力の入れようが感じられます。当然、今後のラインアップも増えていくことが見込まれます。
さらに、
Audible会員になると、インタビューやエッセイなどの限定ボーナスコンテンツを利用することができます。村上春樹の作品に朗読で触れてみたいという方は是非Audibleの無料体験からお試し下さい。

【30日間無料お試し】Amazon Audible聴き放題プラン

お試し期間終了後は1500円
いつでも退会できます。

文学が好きな人にはこの記事もおすすめです

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です