オーディオブックを徹底比較!2大サービス「audible」「audiobook.jp」のメリット・デメリットを解説!2020年7月

Audible(オーディブル) audiobook.jp オーディオブック メリット 本の読書 比較

本を読みたいのに忙しさや疲れで読書ができていない日々をお過ごしの方も多いかと思います。
オーディオブックはスマホアプリで「耳から聴く読書」をする新しい読書のスタイルの事です。
今回はオーディオブック国内2大サービスである「audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の比較を紹介させて頂きます。

audible(オーディブル)とは?

「Audible」とはAmazonが運営しているオーディオブックサービスです。世界最大級のオーディオブックサービスおよび音声コンテンツの配信サービスです。
日本では2015年からサービスが開始されています。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)とは?

「audiobook.jp」とは株式会社オトバンクが運営するサービスです。オーディオブックサービスを提供する企業としては国内最大です。

「audible」と「audiobook.jp」のサービス比較

料金体系

audible(Amazon)

・月額制:1500円/1カ月
・毎月1コインがもらえてそのコインで1冊購入
・最初の1ヶ月無料なので1冊は無料で読める
・コインがない場合は単品購入、会員は単品購入30%OFF

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

・定額読み放題プラン:750円
・聴き放題プランにない作品は単品購入
・最初の30日間は定額読み放題無料

定額読み放題のプラン

audible(Amazon)

読み放題プランなし

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

読み放題プランあり

ラインナップ

audible(Amazon)

・和書が約12000冊
・洋書も含めると40万冊

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

・聴き放題プランで視聴できるのが約1万冊
・単品購入を合わせると約2万3千冊

聴きやすさ(音声やナレーションの質)

audible(Amazon)

とても聴きやすい、ナレーションも良。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

ナレーションによってムラがあり、やや聞き取りにくい時がある。

倍速機能

audible(Amazon)

0.5倍速~3.5倍速の10段階で調整できる。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

0.5倍速~4倍速までを0.1倍速刻みの35段階で調整できます。

解約後の対応

audible(Amazon)

・解約した後も1度購入した本は全て視聴できます。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

・単品で購入した本はプラン解約後も利用できます。
・聴き放題プラン内で視聴した本は視聴できなくなります。

総評

audible(Amazon)

Audibleはアプリのクオリティが高いです。
個人的には定額制読み放題プランをリリースしてくれたら言うことなしです。
Audibleのオーディオブック単品購入は比較的高い(2000円~4000円くらいが多い)ので、会員特典の単品購入30%OFFもしっかり利用してお得に購入するのがおすすめの使い方です。

Audibleの無料体験に興味のある方はAmazon公式サイトからどうぞ。
»Amazon公式サイトを見る

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

聴き放題プランで1万冊程読めるので、コスパ的にはこちらの方が上です。
単品購入でもややaudiobook.jpの方が全体的に安いです。
余談ですが、アンドロイドスマホのエクスペディアを使ってた時はアプリが重たく感じ、何回か落ちたことがあります。
性能が低いチップならAmazonのaudible(オーディブル)の方がストレスないのかなと感じます。iPhoneSEで視聴している今はサクサクなので、ハイエンドスマホなら「audiobook.jp」でも動作的に問題ないと思います。
個人的には国内サービスなので推したいサービスです。なにせ定額読み放題はかなりお得感があります。
今後の使いやすさ改善など伸びしろに期待しているサービスです。

audiobook.jpの無料体験に興味のある方は公式サイトからどうぞ。
»audiobook.jp公式サイトを見る


▷Audibleのキャンペーン内容についてまとめた記事に興味のある方は下記の記事も併せてご覧ください。
»【Amazon運営】Audible(オーディブル)のキャンペーン利用でお得に聴こう|2020年7月

まとめ

最後にざっくりまとめると
アプリの使いやすさや機能、音声や朗読のクオリティを重視するならAudible(オーディブル)
»Audible公式サイトを見る

定額読み放題プランの利用、値段の安さを重視するならaudiobook.jp
»audiobook.jp公式サイトを見る

みたいな感じで選んで下さい。どちらのサービスもいい所がありますし、
少なくとも日頃のインプット量は増えるはずです。
無料体験を利用して、使い勝手やコスパなどを踏まえた上でメインで利用する方を決めてもいいかと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
この記事の内容が良かったと思った方は
「コメント」「いいね!」「SNSでシェア」して頂ければ嬉しいです。
下にある「SNSシェアボタン」を使って簡単にシェアする事ができます。
よろしくお願いします。