オーディオブック「audiobook.jp」がコスパ最高な理由|聴き放題プランのラインナップ

4 min 51 views
Audio book

オーディオブックのサービスを利用しようと思っているけど、Audible(オーディブル)にするか「audiobook.jp」を使おうか迷っている方は多いと思います。以前紹介した比較記事では
・オーディオブックで英語勉強がしたい人、洋書を含めたラインナップ数
→「Audible」がおすすめ

・シンプルにコスパで選ぶなら
→「audiobook.jp」がおすすめ

この様に解説しましたが
今回は改めて「audiobook.jp」がなぜコスパに優れたサービスなのかを改めて解説したいと思います。

※audiobook.jpとは
「audiobook.jp」とは株式会社オトバンクが運営するオーディオブックサービスです。オーディオブックのサービスを提供する日本企業としては国内最大です。

「audiobook.jp」のコスパが良い理由

この見出しでは「audiobook.jp」のサービスがなぜコスパに優れているのかは4つあると思っています。それでは解説していきます。

定額制の聴き放題

audiobook.jpでは750円の定額でオーディオブック聴き放題のプランがあります。聴き放題プランで約1万冊のオーディオブックを無制限に視聴できるます。ライバルサービスのAudibleには聴き放題プランがないため、この聴き放題プランがコスパ最強の1番の理由だと言えます。

「audiobook.jp」の価格設定

「audiobook.jp」の価格設定はそもそもが安いです。Audibleが月額1500円で1冊と交換できるコインを1枚もらえるのに対し、「audiobook.jp」は750円で1万冊以上が読み放題。それに商品にもよりますが単品購入にしてもaudiobook.jpの方がAudibleよりも全体的に安い傾向があります。「audiobook.jp」での単品購入の価格は本を購入するのとほとんど変わらない場合が多いです。

月額会員(ポイント制)

これもAudibleにはなくてaudiobook.jpにしてか無いプランですが、ポイント制の月額会員プランがあります。月額料金にプラスでボーナスポイントが付与されるお得なプランです。
コスパでは750円の聴き放題プランが圧倒的ですが、読み放題プランのラインナップにない本を読みたい場合には月額会員プランを上手く使ってお得に聴きましょう。

※audiobook.jpでは「聴き放題プラン」「月額会員プラン(ポイント)」の他に月額料金0円の「通常会員」があります。読み放題プランの無料体験期間が終わった後に本を買いたい時にだけ購入したい場合は「通常会員」のプランに切りかえて利用するのがおすすめです。

日本語コンテンツの量

日本語コンテンツの数で言えばAudibleが1万冊。audiobook.jpが2万3千冊なので洋書に興味のない人にはコンテンツ数を見ても「audiobook.jp」がお得です。

audiobook.jpの注意点

audiobook.jpを使う上での注意点を解説します。

聴き放題プランで「audiobook.jp」の全てのラインナップを聴ける訳ではない

聴き放題プランで「audiobook.jp」の全ラインナップ本を視聴できる訳ではありません。全ラインナップ2万3千冊のうち約1万冊が読み放題プラン内のラインナップとなります。

アプリの使いやすさでは「Audible」

アプリの使いやすさではAudibleの方が上です。ですがaudiobook.jpのアプリもそれほど不自由には感じる事はありません。以前はアプリが落ちることがよくありイライラする事もありましたが、その点は改良されてきていると感じます。スマホの性能が関係しているのもあると思います。以前使っていたAndroidスマホからiPhoneSEに機種を変えてからはアプリ落ちは一回もしていません。

audiobook.jp」聴き放題プランのラインナップ5選

audiobook.jpの「読み放題プラン」に含まれるラインナップを紹介します。

聴く日経

ラジオNIKKEIのコンテンツです。「聴く日経」は月額550円で配信されている有料コンテンツなのでこれだけで750円のうちの550円の元は取れてしまいます。

地頭力を鍛える(細谷功)

10年以上前の本ですが「フェルミ推定」について書かれた良書です。始めてフェルミ推定について知ったのがこの本です。やさしい内容だけどこの本だけでフェルミ推定について十分理解することができます。フェルミ推定はかなり役立つフレームワークなのでぜひ習得して下さい。

メンタリズム|人の心を自由に操る技術(メンタリストDaiGo)

彼女、彼氏が欲しい人、仕事で対人関係での問題をよく抱える人に読んでもらいたい内容です。人を操りたい人だけではなく、人に流されたり振り回されたりしやすい人にも役に立つ内容だと思います。

電通 洗脳広告代理店(苫米地英人)

2012年に出版された単行本ですが、今だからこそこの本をの内容がよりリアルに感じ取れます。電通の黒い部分はコロナ危機を経て顕在化し、一般層でも認識できるようになりました。個人的にはメインのメディアがテレビからインターネットに移る事で「電通」の支配も終焉をむかえるのか、今後の流れが一番注目だと思います。

PRESIDENT Online 音声版

プレジデントオンラインで配信された記事をそのまま音声にしたコンテンツです。ニュースとビジネスに関する話題について取り上げています。時事ネタではなく役立つ記事を配信している感じです。なので内容的には新聞代わりにはならないです。

まとめ

コスパだけで言えば「audiobook.jp」がオーディオブックサービスの中で圧倒的だと言うことをお伝えしましたが、コスパの良さだけではなく倍速機能の充実(0.5倍速~4倍速)や日本語コンテンツの多さなど日本人向けのサービスとして特化されているところにもあります。またビジネス書での自己啓発、資格勉強になるコンテンツも多くビジネスパーソンには特におすすめのサービスです。
「audiobook.jp」のサービスを利用するなら、まず「聴き放題プラン」の無料体験を試してからの利用でいいと思います。30日間の無料体験期間が終わった後はサービスが気に入ったなら継続利用、それほど気に入らなかったら無料の「通常会員」にすればお金は一切かかりません。もちろんいつても退会できます。
無料体験を試したい方は下記公式サイトから登録して下さい。
»30日間の無料体験を試す

Amazonのオーディオブック「Audible(オーディブル)」も気になるという方は比較記事の
オーディオブックを徹底比較!2大サービス「audible」「audiobook.jp」のメリット・デメリットを解説!2020年7月
も併せてご覧ください。

関連記事

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です